watching culture and media

博士の研究と生活

トロントのメディア・スタディーズについて 粟谷佳司

カルチュラル・スタディーズはひとつではないし、これまでも決してひとつではなかった
Stuart Hall

トロントにおけるメディアとカルチュラル・スタディーズ
 現在のトロントにおけるメディアとカルチュラル・スタディーズの展開については、トロント市内にあるヨーク大学に設置されている独立大学院Social and Political Thought Programmeの存在を抜きにして語れなくなってきている。
 The Social and Political Thought Programme Faculty of Graduate Studies York Universityは、ヨーク大学内部の人文社会科学の教員がそれぞれの所属と兼任で組織されている独立大学院であり、既存の研究ではおさまりにくいテーマが扱われている。ここからJody Berland(ヨーク大学Culture/Communication, Social and Political Thought, Humanities)、Janine Marchessault (ヨーク大学Culture/Communication, Film and Video)やGary Genosko(トロント大学Mcluhan Program in culture and technology senior research fellow)など現在のトロントのメディアとカルチュラル・スタディーズを支える若い研究者を生んでいる。
 今回は、Social and Political Thought Programmeの出身者であるBerlandの研究から、グローバライゼーション、アメリカ合衆国ヘゲモニートロント・コミュニケーション学派の継承、などをトピックにトロントのメディア、カルチュラル・スタディーズについて考える。
ところで、カルチュラル・スタディーズトロント・コミュニケーション学派は、その影響は指摘されているが、Raymond Williamsは有名なTelevisionにおいて、McLuhanのメディア論を技術決定論であると批判していて、両者は排他的なものであるとの考えも一部でされている。しかし、Berlandは、カルチュラル・テクノロジーということによって、トロント・コミュニケーション学派のMcLuhanやInnisを継承しながら、文化とテクノロジーの両方を視野に入れた研究をしている。
 そこで現在の視点からMcLuhanやInnisを読み直すために常に参照されているのが、Henri LefebvreやDavid Harveyの空間論である。スペースということによって、グローバライゼーションのなかのカナダという具体的な問題にも応えている。またSimon Frithなどに顕著な、カルチュラル・スタディーズは社会をテクストのように解釈するという批判にも、テクノロジーや空間などの社会のマテリアルな構造と文化の問題を複合的に考察しているBerlandの研究は十分応えるものだと思われる。

グローバル・ヘゲモニー カナダとアメリカ合衆国

 カナダという国でメディアや文化の研究をするとき、アメリカ合衆国の影響は計り知れないものがあるということに気づく。地図で見てもわかるように、カナダはアメリカ合衆国と国境が接しているが、問題はそれだけでなく、メディアに関しても合衆国の影響をダイレクトに受けている。
 これは、最近いろいろなところで取りざたされているグローバライゼーション とも関係がある。トロント市内においては、テレビ、ラジオ放送のおよそ70パーセントが合衆国で作られたものであるという。
 Berlandが言及するAMラジオの場合、The Canadian Radio-Television and Telecommunication Commission(CRTC)により、1971年1月から放送のライセンスをリニューアルするために放送のミニマム30パーセントは’Canadian content’にするということになっている。この’Canadian content’は音楽の場合、次の4つの基準がある。

1演奏や歌は、カナダ人によって演じられたものであること。
2音楽はカナダ人によって演奏されたものであること。
3歌詞はカナダ人によって書かれたものであること
4ライブ演奏は全体的にはカナダで録音されたものであること

 ちなみにテレビの場合は、1970年には55パーセントの’Canadian content’の要求に対して、80パーセントものアメリカ製の番組がプライムタイムの英国系カナダ人に見られていたという報告もある。
 また、カナダは合衆国のようなスター・システムが確立しておらず、高額所得者については税金も高いため、映画俳優、アーティストは、売れれば合衆国に移住するというパターンが定着している(最近の例では、マイケル・J・フォックス、ジェム・ケリー、アラニス・モリセットなど。但し歌手のセリーヌ・ディオンケベック州に住んでいるようである)。そのわりに、アメリカ・ドルとカナダ・ドルの格差を利用して、ハリウッドはカナダで映画やテレビ番組を撮影している(『X ファイルズ』はブリティッシュ・コロンビア州のヴァンクーバーで撮影されていたらしい)。例えば、映画『タイタニック』のスタッフのほとんどがカナダ人であった。
 このようなカナダの置かれた状況を背景として、Berlandはメディアや文化について考えている。
 Cultural Studies誌(Cultural Studies.5/3.1991)でBerlandらが中心になった特集も、アメリカ合衆国ヘゲモニーにおいてカナダ文化をどのように考えるのかというものだった。この特集はポピュラー音楽産業の構造について何人かの研究者が寄稿している。Berlandは研究のキャリアをポピュラー音楽研究から始めている。Berlandはこの論文で、1985年に締結されたカナダとアメリカ合衆国とのあいだの自由貿易協定(Canada United States Free Trade Agreement, CUSFTA)によるカナダへのインパクトについて取り上げている。これが進展したものが、メキシコも含んだ1992年の北米自由貿易協定(North America Free Trade Agreement, NAFTA)である。
 つまりBerlandの議論は、CUSFTAの合意によってカナダの文化産業が打撃を受け、カナディアンのアイデンティティがなし崩しになったということであった。これは、先ほど見てきたカナダの文化産業のある種の空洞化によっても特徴づけられているものだと思われる。
 バーランドはカナダのレコード関係者のコメントを引用している。

「カナダは自由市場ではない。カナダは文字通り、第三世界と基本的には変わらない。私たちは、配給、製作を所有していない…」

 だから、ミュージシャンにとってカナダで成功するということよりも合衆国での名声が重要になってきたのである。
 カナダのグローバライゼーションについてのあるカンファレンスの記録においても、アメリカ合衆国、カナダ、メキシコ間の北米自由貿易協定NAFTAなどの貿易貿易における、グローバライゼーションやカナダのアイデンティティの問題に議論が集中している。

カルチュラル・テクノロジーと空間の生産 カルチュラル・スタディーズトロント・コミュニケーション学派

WilliamsのMcLuhan批判
 WilliamsはTelevision: Technology and Cultural Formにおいて、McLuhanのメディア論は、メディアを形式主義的に解釈しておりプラクティスとして見られないと批判している。しかしBerlandは、Williamsの「モバイル・プライバイタイゼーション」という概念やMcLuhanのメディア論を取り入れながら、メディアの実践のレベルを「カルチュラル・テクノロジーズ」や「文化的な生産cultural production」、特に「space」から考察し、両者は排他的なものではないということを示している。

「カルチュラル・テクノロジーズは、社会的な意味や可能性の集積所としての空間の生産−空間における人々や意味、物事の生産−を秩序づけ促進するようなマテリアルなコミュニケーションのプラクティスを形成する。」

カルチュラル・テクノロジーと空間の生産
 Berlandは常に具体的なメディアや技術(テクノロジー)をその内容であるカルチャーが「空間」のなかでどのように作用しているのかについて考えている。これがカルチュラル・テクノロジーである。つまり、「空間」は「カルチュラル・テクノロジーズ」とは切り離せない。

「空間を占領し、空間を産出するメディア、しかもそれぞれのメディアに特有の表象の様式をつくり、特定の社会的価値や意味を構造化してくような独自の空間を産出するメディア。このメディアの特性を際立たせるために、彼女(Berland)は「カルチュラル・テクノロジー」という概念を提起するのである」(伊藤)

 このような「カルチュラル・テクノロジー」は、トロント・コミュニケーション学派の議論を「空間」から読み直すことによって提起されてきた。

空間の生産、McLuhan、Innis
 Berlandとトロント・コミュニケーション学派をつなぐのが「社会空間social space」の考え方である。それはトロントのメディア・コミュニケーション研究から「空間」を強調することによってそこに新たに光を当てるということである。
 Berlandは、McLuhan、Innisなどのメディア、コミュニケーション論、Lefebvre、Harvey、Sojaらの空間論によりながら、メディアがさまざまな力が錯綜する「社会空間social space 」のなかで存在するものであるという指摘を行っている。そして、そのような空間のなかで意味やプラクティスがどのように作用するのかを「文化的な生産cultural production」と呼んでいる。

「エレクトロニック・メディアは、ある音とその聴取者のもとになる空間を作り出す」

 このような空間についてはHarveyの「空間」、Lefebvreの「空間の生産」の議論からの影響が指摘される。例えば、Harveyについては、音楽の聴取listeningと空間の関係に関する部分の注釈で触れられている。
 「空間の生産the production of space」とはLefebvreのタームだが、例えば、McLuhanをLefebvreに引き付けて解釈した次のようなくだり。

「つまり、彼(McLuhan)が言っているのは、メディアは、テクストやテクストの受容だけではなく、社会生活における絶え間ない感覚的、空間的な再組織化も作り出しているproduceということである。」

 そしてこの後にLefebvreからの引用が続く。
 またミュージックビデオについて考察した論文においても、McLuhanのメディアは身体の拡張であるとする議論を引きながら、身体はそもそも社会的なものとして媒介され拡張されるのだから、それは空間的な特性を抜きにしては考えることが出来ないということを明らかにしている。

Innisの継承
 Innisについても、Berlandの議論のある部分の根幹になっている。Berlandは、研究のキャリアの初期から常に彼に言及している。そして、Space at margin(1999)という論文のなかで初めてInnisに正面から取り組んだ。
 トロント・コミュニケーション学派と呼ばれる広い意味でのメディア研究において、McLuhanと並び重要なのがHarold Innisである。Innisは経済地理学Economic Geographyを1930年代から1950年代にかけてトロント大学で教えていた(Davies.n.d.)。ちなみに、Berlandは自らの研究領域を、カルチュラル・スタディーズと、特に「コミュニケーションの地理学the geography of communications」と称していて、ここからもInnisと最近の地理学をメタファーにした空間論の影響が色濃く伺える。
 Innisは、カナダでは交通史や基幹産物の貿易史の研究が知られている。center/marginといったInnisが用いるタームは、経済学のものであるが、もちろん、Innisは、trade-routes, the alphabet, language, technology, space, time, oral traditionなどの歴史とコミュニケーションに関する研究も行っており(Davies.ibid.)、メディア研究においては、むしろこちらの側面のほうが知られている。1999年に出版されたInnisに関する論文集でも、コミュニケーションやカルチュラル・スタディーズとの関係についてもいくつかの章が設けられている。
 Berlandはここでも、Lefebvreらの空間の議論に引き付けてInnisを再解釈している。

「Lefebvre、Soja、JamesonのようにInnisは、空間それ自体の根本的な再概念化を要求する空間と時間の物質的で、存在論的なものを基礎とした関係を定義づけようとしている」

 そしてInnisの空間についてのメディアをベースとした関係が扱われている。つまり、空間に偏向したメディア(グローバル化するエンターテインメント)は、時間の連続性を超えて空間に撒き散らされ、空間的拡張や経済構造を中心化するように働く。これは、ローカルでマージナルな商品を制限してしまうということである。
 InnisにならってBerlandはcenter/marginというタームを使っているのだが、これは、ある経済構造(これがすなわちアメリカ合衆国のエンターテインメント産業)をメディアが空間的に拡張していくということでcenterがいっそう強固になるということである。Innisの考え方によると、空間を強調するメディア、道路やテレグラフ、エレクトロニック・メディア、プリント・メディアは、政治的経済的な中心化に有利に働くということであった。Berlandは、これを現在の観点からグローバライゼーションのメカニズムとして取り上げている。
 そしてcenter/marginからは、アメリカ合衆国との関係において周辺としてのカナダの歴史的性格も論じられている。

まとめ
 Barlandの研究は常に空間というものから社会を考えるということ。そこでのトピックは、グローバライゼーションを背景としたカナダと合衆国の関係であり、理論的には、トロントのコミュニケーション研究を空間の概念から再構成するということ。Berlandの研究は、他のカナダにおけるカルチュラル・スタディーズの研究者以上にトロントのコミュニケーション研究を継承するという意図が強い。Berlandほど、それを意識した研究を行っている人はいないからである。

研究会での報告 マスコミフォーラム・社会情報学会20010128を一部改稿,20180927

粟谷佳司(社会学・文化研究)

新刊

9月に単著を出版しました。
どうぞよろしくお願いいたします。

粟谷佳司
『限界芸術論と現代文化研究』ハーベスト社、2018年9月10日発行
ジュンク堂
https://honto.jp/netstore/pd-book_29258630.html
紀伊国屋書店
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784863390959
アマゾン
https://www.amazon.co.jp/限界芸術論と現代文化研究-戦後日本の知識人と大衆文化についての社会学的研究-粟谷-佳司/dp/4863390955/ref=pd_rhf_ee_p_img_3?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=AWJECJ9PF36YADPM5CJN

諸個人の文化についてのメモ

メモ。諸個人の文化。
La culture des individus : Dissonances culturelles et distinction de soi
個人とはそれ以上分割出来ないという前提があり、研究はそれに沿って行なわるわけだけど、ブルデューの乗り越えを図るライールはそれとは違う観点から研究しているということのようだ。つまり調査で個人が「研究において」矛盾することを答えてもそれは個人にある複数性から分析されるということか。たしかに趣味のディスタンクシオンは上層階級であっても大衆文化を享受している可能性が高いということは、日本の研究においても指摘されていた。これは高度に発展した消費社会のレトリックとメディアが大いに関係があると思われる。

諸個人の文化についてのメモ

メモ。諸個人の文化。

La culture des individus : Dissonances culturelles et distinction de soi

個人とはそれ以上分割出来ないという前提があり、研究はそれに沿って行なわるわけだけど、ブルデューの乗り越えを図るライールはそれとは違う観点から研究しているということのようだ。つまり調査で個人が「研究において」矛盾することを答えてもそれは個人にある複数性から分析されるということか。たしかに趣味のディスタンクシオンは上層階級であっても大衆文化を享受している可能性が高いということは、日本の研究においても指摘されていた。これは高度に発展した消費社会のレトリックとメディアが大いに関係があると思われる。

マクルーハンを再考する公開セミナー

6月9日に青山学院大学マクルーハンを再考する公開セミナーが開催されます。

公開セミナー「マクルーハンとAI時代のメディア」
2018年6月9日(土)15:00-18:30
青山学院アスタジオ地下ホール

 メディア論の先駆者マーシャル・マクルーハン(1911-1980)を再考するイベントを開催します。
 新著を出された服部 桂氏をはじめ,専門家の方々をお招きしてのトークがメインですが,それに先立ち,映画『マクルーハンズ・ウェイク』を上映いたします。2014年に「映像翻訳ラボ」メンバーが字幕を作成して日本初上映されたドキュメンタリー作品です。映画もトークも,マクルーハン通の方にも,知識ゼロの方にも,楽しめるものとなりましょう。
 本企画の準備中,マクルーハンのご長男でメディア論の後継者,エリック・マクルーハンの訃報に接しました。5月18日に講演先のコロンビアで亡くなったそうです。享年76歳。2011年に,同じ青山学院大学でマーシャル生誕100年記念イベントを開いた折には,エリックからメッセージをいただきました。本企画はエリック追悼の意味も込めたく思います(映画にはエリックも登場し,語ります)。
 ご来場をお待ちしています。  (宮澤 淳一)

公開セミナー「マクルーハンとAI時代のメディア」
(「映像翻訳ラボの軌跡」第2部――総合文化政策学部創設10年記念事業関連企画)
15: 00 -16:40  映画『マクルーハンズ・ウェイク』(参考上映)
ケヴィン・マクマホン監督,カナダ,2002年。95分。ドキュメンタリー。
字幕:青山学院大学総合文化政策学部「映像翻訳ラボ」履修生有志(監修:宮澤淳一)。
カナダ大使館の依頼で字幕を作成し,2014年4月16日に同館にて初上映されたものです。
17:00-18:30 トークマクルーハンとAI時代のメディア」
服部 桂(元朝日新聞記者,『マクルーハンはメッセージ』著者)
柴田 崇(北海学園大学人文学部教授,『マクルーハンとメディア論』著者)
 レスポンス:粟谷 佳司(立命館大学立命館アジア・日本研究機構客員准教授)
 司会:宮澤 淳一(青山学院大学総合文化政策学部教授)

日 時: 2018年6月9日(土)15:00〜18:30(開場14:40)
場 所: 青山学院アスタジオ 地下ホール
     http://www.sccs.aoyama.ac.jp/astudio_map-html/ (この地図でご確認願います)
     地下鉄表参道駅B2出口より渋谷方向へ。「Found MUJI青山」 を右折。直進し左手(駅より徒歩5分)。
     ※青山キャンパス構内ではありませんのでご注意ください(青山通りの反対側です)。
参加方法:予約不要です。(入場者多数の場合は先着順で締め切ることがあります。)
主 催: 青山学院大学総合文化政策学部「映像翻訳ラボ」
共 催: 青山学院大学総合文化政策学会(学部創設10周年委員会)
お問い合わせ:映像翻訳ラボ ( media-bunka<アットマーク>sccs.aoyama.ac.jp )

公開セミナー「マクルーハンとAI時代のメディア」(青山学院アスタジオ,2018年6月9日)

登壇者プロフィール
服部 桂
元朝日新聞記者。1978年入社。1987〜89年,MITメディアラボ客員研究員。科学部記者や雑誌編集長を経て,16年定年退職後フリーに。著訳書多数。著書に『人工現実感の世界』(工業調査会・技術・科学図書文化賞優秀賞),『メディアの予言者』(廣済堂)など。訳書にレヴィンソン『デジタル・マクルーハン』(NTT出版),ケリー『テクニウム』(みすず書房),同『〈インターネット〉の次に来るもの』(NHK出版)など。本年5月刊の新著は『マクルーハンはメッセージ』(イースト・プレス)。

柴田 崇
北海学園大学人文学部教授。東京大学より博士(教育学)。『マクルーハンとメディア論』(勁草書房),『知の生態学的転回 技術』(共著・東京大学出版会),『はじめての人文学』(共著・知泉書館)など。生態学的な認知モデルに基づくサイボーグ論や技術論,およびそれらの成果を踏まえて,マクルーハンのメディア論の展開を研究テーマとする。

粟谷 佳司
立命館大学立命館アジア・日本研究機構客員准教授。同志社大学より博士(社会学)。著書に『音楽空間の社会学』(青弓社),『限界芸術論と現代文化研究』(ハーベスト社,近刊)など。研究テーマは,1960年代後半の日本における表現文化と市民運動の交差に関する文化研究。60年代日本のマクルーハン受容とカナダにおける文化研究以降のマクルーハン理論の展開にも関心を持つ。

宮澤 淳一
青山学院大学総合文化政策学部教授。東京大学より博士(学術)。著書に『グレン・グールド論』(春秋社・吉田秀和賞),『マクルーハンの光景』(みすず書房),共著に白石美雪編『音楽論』(武蔵野美術大学出版局)など。訳書に『マクルーハン』(ちくま学芸文庫),『グレン・グールド発言集』(みすず書房),『リヒテルは語る』(同)など。音楽・文芸メディア論やカナダ研究の視座からマクルーハンを捉える。近刊に『マクルーハン発言集』(仮題・みすず書房)。

                                                                                                            • -

青山学院大学総合文化政策学部「映像翻訳ラボ」
青山学院大学総合文化政策学部の現役学生たちによる字幕翻訳チーム。同学部のプロジェクト型実習授業「ラボ・アトリエ実習」(担当教員:宮澤淳一)の運営組織で,日本映像翻訳アカデミーの指導協力のもと,2010年からこれまでに22本の字幕を作り,UNHCR難民映画祭や各種イベントでの上映を実現してきた(6月のショートショートフィルムフェスティバル&アジアでは,23本目の『サイレントチャイルド

粟谷佳司