watching culture and media

博士の研究と生活

研究

トロントのメディア・スタディーズについて 粟谷佳司

カルチュラル・スタディーズはひとつではないし、これまでも決してひとつではなかった Stuart Hallトロントにおけるメディアとカルチュラル・スタディーズ 現在のトロントにおけるメディアとカルチュラル・スタディーズの展開については、トロント市内にある…

新刊

9月に単著を出版しました。 どうぞよろしくお願いいたします。粟谷佳司 『限界芸術論と現代文化研究』ハーベスト社、2018年9月10日発行 ジュンク堂 https://honto.jp/netstore/pd-book_29258630.html 紀伊国屋書店 https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-97…

諸個人の文化についてのメモ

メモ。諸個人の文化。 La culture des individus : Dissonances culturelles et distinction de soi 個人とはそれ以上分割出来ないという前提があり、研究はそれに沿って行なわるわけだけど、ブルデューの乗り越えを図るライールはそれとは違う観点から研究…

諸個人の文化についてのメモ

メモ。諸個人の文化。 La culture des individus : Dissonances culturelles et distinction de soi 個人とはそれ以上分割出来ないという前提があり、研究はそれに沿って行なわるわけだけど、ブルデューの乗り越えを図るライールはそれとは違う観点から研究…

イベント情報

青山学院大で公開セミナー「マクルーハンとAI時代のメディア」 青山学院アスタジオ 6月8日(土) https://www.msz.co.jp/event/08328_miyazawa_201806/

イベント情報

青山学院大で公開セミナー「マクルーハンとAI時代のメディア」 青山学院アスタジオ 6月8日(土) https://www.msz.co.jp/event/08328_miyazawa_201806/

マクルーハンを再考する公開セミナー

6月9日に青山学院大学でマクルーハンを再考する公開セミナーが開催されます。 公開セミナー「マクルーハンとAI時代のメディア」 2018年6月9日(土)15:00-18:30 青山学院アスタジオ地下ホール メディア論の先駆者マーシャル・マクルーハン(1911-1980)…

マクルーハンを再考する公開セミナー

6月9日に青山学院大学でマクルーハンを再考する公開セミナーが開催されます。公開セミナー「マクルーハンとAI時代のメディア」 2018年6月9日(土)15:00-18:30 青山学院アスタジオ地下ホール メディア論の先駆者マーシャル・マクルーハン(1911-1980)を…

研究のメモ

2010年にKeio Communication Review に書いた論文が引用されているようです。 Anti-nuclear Protest in Post-Fukushima Tokyo: Power Struggles Alexander James Brown Routledge 2018

研究のメモ

2010年にKeio Communication Review に書いた論文が引用されているようです。 Anti-nuclear Protest in Post-Fukushima Tokyo: Power Struggles Alexander James Brown Routledge 2018

研究のメモ

小田実との対談で、久野収はベ平連について「いかにも楽しく見える抗議デモにしよう」と語っていて、小田は「私は市民社会の原形はデモ行進だと思う。」と答えている。 久野の「いかにも楽しく見える」というのは、おそらくフォーク・ゲリラのうたにも受け継…

2018年の研究に向けて

3月に刊行された論文は、博士論文以降として、今年から科研費に採択された課題も含むもの(鶴見俊輔研究)。 「はじめに」と「1」「2」そして注で「別稿に譲りたい。」と書いた辺りを展開しながら、資料をしっかり調べて関係者への聞き取りなどもやって行き…

2018年の研究に向けて

3月に刊行された論文は、博士論文以降として、今年から科研費に採択された課題も含むもの(鶴見俊輔研究)。 「はじめに」と「1」「2」そして注で「別稿に譲りたい。」と書いた辺りを展開しながら、資料をしっかり調べて関係者への聞き取りなどもやって行き…

Michel De Certeau’s Practice Of Everyday Life & Eating Show On Social Media

2010年にKeio Communication Review に書いた論文が引用されています。 Michel De Certeau's Practice Of Everyday Life & Eating Show On Social Media https://www.buzzfeed.com/luomanzhang/michel-de-certeaus-practice-of-everyday-life-ea-36be6?utm_t…

Michel De Certeau's Practice Of Everyday Life & Eating Show On Social Media

2010年にKeio Communication Review に書いた論文が引用されています。 Michel De Certeau's Practice Of Everyday Life & Eating Show On Social Media https://www.buzzfeed.com/luomanzhang/michel-de-certeaus-practice-of-everyday-life-ea-36be6?utm_t…

フォークリポートを読む。

フォークソング運動を知るために必須の雑誌「フォーク・リポート」には、1969年9月号から70年ごろに特に二つの議論があった。一つは放送の自主規制ともう一つは東京フォークゲリラである。 1969年9月号には、 特集 自主規制,自主規制のマスコミさんかってな…

フォークリポートを読む。

フォークソング運動を知るために必須の雑誌「フォーク・リポート」には、1969年9月号から70年ごろに特に二つの議論があった。一つは放送の自主規制ともう一つは東京フォークゲリラである。 1969年9月号には、特集 自主規制,自主規制のマスコミさんかってな真…

Notes Problems of ”shimin” society. Case study in postwar Japan

Discourses over 'citizens', 'civil society' and 'masses' in political and social theory can be divided into three areas. As a case study, I will address the concept of "people" ("people" "masses" "citizens") at Shunsuke Tsurumi. Tsurumi wa…

Notes Problems of "shimin" society. Case study in postwar Japan

Discourses over 'citizens', 'civil society' and 'masses' in political and social theory can be divided into three areas. As a case study, I will address the concept of "people" ("people" "masses" "citizens") at Shunsuke Tsurumi. Tsurumi wa…

No professional will ever make the revolution

No professional will ever make the revolution By Andy Merrifield / 16 June 2017 http://www.versobooks.com/blogs/3278-no-professional-will-ever-make-the-revolution

No professional will ever make the revolution

No professional will ever make the revolution By Andy Merrifield / 16 June 2017 http://www.versobooks.com/blogs/3278-no-professional-will-ever-make-the-revolution

Marshall McLuhan‬ ‪’The Relation of Environment to Anti-Environment’, 1965.‬

‪"When we live in a museum without walls, or have music as a structural part of our sensory environment, new strategies of attention and perception have to be created."‬ ‪Marshall McLuhan‬ ‪'The Relation of Environment to Anti-Environment',…

Marshall McLuhan‬ ‪'The Relation of Environment to Anti-Environment', 1965.‬

‪"When we live in a museum without walls, or have music as a structural part of our sensory environment, new strategies of attention and perception have to be created."‬ ‪Marshall McLuhan‬ ‪'The Relation of Environment to Anti-Environment',…

Asia Studies in Japan

2007年アジア研究会(立教大学)での報告要旨。 http://www.meijigakuin.ac.jp/~ascj/2008/ASCJ_abstracts_2008.pdf Awatani Yoshiji will discuss representations of techno(logy) culture in Japan, with a particular focus on the discourse of techno-Or…

Asia Studies in Japan

2007年アジア研究会(立教大学)での報告要旨。 http://www.meijigakuin.ac.jp/~ascj/2008/ASCJ_abstracts_2008.pdfAwatani Yoshiji will discuss representations of techno(logy) culture in Japan, with a particular focus on the discourse of techno-Ori…

フォークゲリラ

幾つかの資料から彼らがどんな曲を歌っていたのかが明らかになる。「友よ」「機動隊のブルース」「プレイボーイ プレイガール」... フォークゲリラの母体であった「ベ平連」とは何か? 「ふつうの団体や組織とはかなり違った性格をもっている行動体だという…

フォークゲリラ

幾つかの資料から彼らがどんな曲を歌っていたのかが明らかになる。「友よ」「機動隊のブルース」「プレイボーイ プレイガール」...フォークゲリラの母体であった「ベ平連」とは何か? 「ふつうの団体や組織とはかなり違った性格をもっている行動体だというこ…

マクルーハン研究、ハロルド・イニス『コミュニケーションのバイアス』への序文

マクルーハンによるハロルド・イニス『コミュニケーションのバイアス』への序文。 トロントの北にあるヨーク大学ジョディー・バーランドは、マクルーハンよりもむしろイニスを継承しながらカナダの文化研究を展開した。イオアン先生のミレニアムパーティでジ…

マクルーハン研究、ハロルド・イニス『コミュニケーションのバイアス』への序文

マクルーハンによるハロルド・イニス『コミュニケーションのバイアス』への序文。 トロントの北にあるヨーク大学ジョディー・バーランドは、マクルーハンよりもむしろイニスを継承しながらカナダの文化研究を展開した。イオアン先生のミレニアムパーティでジ…

知識人論

Sartre’s “total intellectual” vs. Bourdieu’s “collective intellectual”, and the philosophers role https://recollectingphilosophy.wordpress.com/2013/02/01/sartres-total-intellectual-vs-bourdieus-collective-intellectual-and-the-philosophers-…