watching culture and media

博士の研究と生活

フォークリポートを読む。

フォークソング運動を知るために必須の雑誌「フォーク・リポート」には、1969年9月号から70年ごろに特に二つの議論があった。一つは放送の自主規制ともう一つは東京フォークゲリラである。

1969年9月号には、

特集 自主規制,自主規制のマスコミさんかってな真似するな

座談会・マスコミ企業の自主規告の実態とフォーク運動の展望 竹中 労,伊藤 強,坂元良江,高石友也.秦政明

発売,放送禁止されたうた

URCレコード誕生の意味 広瀬 勝

反戦フォークコンサートについての記事が掲載されている。

そして、1969年10月号には、室謙二による「西口からのメッセージ」、室は東京フォークゲリラについて鶴見俊輔の限界芸術論を引用しながらその運動に意味を与えようとしていた(詳しくは、粟谷『限界芸術論と現代文化研究』ハーベスト社から2017年秋刊行)。

そして1969年11月号で

「われわれのフォーク運動をどう進めるか

8月8日ハンパクフォークコンサートにて/8月11日フォーク ・ゲリラ集会にて/投書より」

という記事が組まれ、三橋一夫による「東京フォーク・ゲリラ始末記?」というレポートが掲載される。

これらが運動体としてのフォーク運動の問題設定と考えることができる。そして、フォーク運動は音楽と音楽外の社会状況と強いつながりを持っていたということがわかるのである。

歴史的には、69年にフォークゲリラの新宿西口広場からの排除、70年にはいわゆる「ふたりのラブジュース」の摘発でフォーク運動は沸騰し転換していくのである。

この研究は、2017年12月の日本ポピュラー音楽学会で報告予定。

粟谷佳司(社会学・文化研究)